Music Sawubona

記事一覧(7)

魔術師について教えてください。

まだまだ前のライブのレポートも残っているのに、みなさんにお知らせしないといけないのが、何と言っても公演日も迫ってきているオマール・ソーサのこと。「キューバの至宝」、「鍵盤の魔術師」と、とにかくイカつい枕詞がつくオマールさんですが、具体的にはどこが、どうすごいのか?くわしい人(優しい人でもある)に聞いてみよう!ということで、いつものごとく、知識はほぼゼロの状態で飛び込んできました。しっかりと受け止めてくれた方は、大阪を拠点に活動中のパーカッショニスト、亀崎ひろしさん。亀崎さんはキューバでアフリカ起源の様々なパーカッションの修行をされていただけあって、私たちが聞き馴染みのない言葉や、習慣についてもすごくわかりやすく、丁寧に教えてくださいました。そして、これがとっても面白い!鍵盤の魔術師のすごさがなんとなく明らかにできればいいなあ!とせつに願いながら、インタビュースタートです。ー よろしくお願いします!亀崎ひろし(以下、亀) よろしくお願いします。ー では、まずは亀崎さんのプロフィールを教えていただけますか?亀 大阪でパーカッショニストをやっています。12年ほど前、キューバにパーカッションを習いに行って、その後もニューヨークやメキシコシティに習いに行ってました。今は関西を中心に演奏活動したり、録音に参加したり、パーカッションのレッスンをしています。ー なるほど。ありがとうございます。なぜキューバを選ばれたんですか?亀 もともとアフリカン・パーカッションが好きで有名なジャンベっていう太鼓をやっていたんです。そこから南米のアフロルーツの音楽にも、アフロキューバンにも興味が湧いてきて、それを生で体感したい!って思って。最初にキューバに行ったのは2006年に大阪のベースプレイヤーの山田さんという方と、ダンサーのトモコさんという方が企画したツアーで下見的に連れて行ってもらったのが最初ですね。そのあと、2008年に自分一人で1年弱、10ヶ月ほど滞在してました。ー その間はパーカッションの師匠について学ばれたんですか?亀 そうですね。ひとことにパーカッションって言っても色々な楽器があるので、各楽器のスペシャリストがたくさんいるので、各楽器の先生について、楽器ごとに教えてもらう形ですね。コンガだったら、コンガ。ティンバレスはティンバレス。バタだったらバタという感じでそれぞれの師匠について教えてもらっていました。いまだに家族ぐるみのおつきあいが有りますよ。ー なるほどー!ちなみに、今回のオマール・ソーサの公演でも機材リストに「バタ」というものが入ってました。私たちは聞き慣れない楽器なんですが、キューバではポピュラーな楽器なんですか? 

熱狂のオルガントリオ、岡山へ。

東京コットンクラブでも大好評ソールドアウトだった伝説のトリオ、岡山初登場です。トニー・モナコは幼少期からオルガンの神童として地元でも知られた存在でした。しかし15才のころ、難病の神経痛性筋萎縮症を発症。療養中にジャズ界のスターオルガンプレイヤーのジミー・スミスさんに演奏テープを送ったのがきっかけで、師弟関係を築きます。その後、音楽の世界からは離れてしまいますが何度かの大きな手術とリハビリ生活を乗り越えて、なんと48歳でプロのミュージシャンとして活動を開始。ジミー・スミス直系のファンキーな演奏が持ち味で「炎のオルガンプレイヤー」の異名を持ち、今やジャズ雑誌の人気投票で1位に輝いた事もある世界的にも注目されるオルガンプレイヤーの一人です。豪華な共演陣にも注目打って変わって共演する二人は少し知られた存在といえるのではないでしょうか。ドラムのジーン・ジャクソンは長い間、ハービー・ハンコックのグループで叩いていた、まさに「一流」と呼ぶにふさわしいプレイヤー。ギターの小沼ようすけといえば、去る6月のエルヴェ・サムと彼のバンドメンバーとの共演でも記憶に残る素晴らしい演奏を聴かせてくれた人気、実力ともに日本トップクラスのプレイヤーです。もともとは東日本大震災のチャリティーライブの為に結成されたというこのトリオ。あまりの評判のため、スタジオ盤、ライブ盤でCDも発売されました。今回の岡山公演でも素晴らしい演奏で魔法のようなひとときをご一緒しましょう!日時:2018年9月24日月曜日開場19:30 開演20:00会場:蔭凉寺岡山県岡山市北区中央町10−28チケット前売り¥5000当日¥5500お問い合わせサウボナ・ミュージック担当 大森史江TEL ‭090 9417 3123‬mail ‭sawubona.music@gmail.com‬